旬な芸能ニュースをキャッチ!: 石原さとみ過激…胸もまれ騎乗位で昇天

2008年08月13日

石原さとみ過激…胸もまれ騎乗位で昇天




☆石原さとみ 最新情報☆




過激なシーンでも堂々とエロくなれる…さすがです☆

女優・石原さとみさん(21)主演で、
13日から東京は新橋演舞場で上演される舞台
「幕末純情伝」の公開けいこが12日、同所にて行われました。

同作はつかこうへい氏(60)の演出で、
幕末の志士群像と現代の世相、風俗を合体させた
摩訶不思議な魅力の作品。

石原さんは、じつは女性だったという破天荒な設定の
沖田総司役を熱演しています。



過去にはこんな人も主演



なお、今回の舞台は石原さんにとって、2年前の
初舞台「奇跡の人」以来の出演となるんだとか。
さらには「奇跡の〜」から一転、過激なシーンの
連続に体当たりで挑戦。

宝塚を退団以来、初の男性役(坂本龍馬)を演じる
真琴つばささん(43)とのキスシーンでは
いやいや唇を合わせる龍馬に「舌入れんかっただろ!
わたしは舌を入れてもらえない女なんだ!」とすねたり
「子供作らねーか」とねだってみせる一幕も。

さらに、龍馬の暗殺を依頼した武田義晴さん演じる
秋月兼久に浴衣の上から左胸をもまれ、
秋月の顔が徐々に下半身に下りていくと、
恍惚の表情を浮かべたり、そうかと思えば
「感じやすくて悪いか!」とタンカを切ってみせたり。

圧巻は4人の男と次々と絡み合い、あえぎ声をあげつつ
後背位や騎乗位での情交でもん絶、昇天後に
相手を刺し殺すという場面。

「アッ、アッ」と漏れる扇情的な声は、
いままでの石原さんのイメージとはかなり
かけ離れたものだったようです。

そんな今作ですが、以前行われた制作発表会見の時、
つかさんから「淫乱な顔つき」と太鼓判(?)を
押されていた石原さんは、過激シーンについて
「やるからにはとことんやります。
もの凄いものをお見せしますよ」と
自信満々に語っていました。

その言葉どおり、大胆で堂々とした“淫乱”ぶりには
高杉晋作役の吉沢悠さん(29)も
「ここまでやるとは…」と驚くほどだったとか。

いやぁ、女優魂ここにきわまれりですよねぇ。

ちなみに、石原さんの所属事務所である「ホリプロ」に
同じく所属している宮下純一さん(24)が12日、
北京五輪の競泳男子百メートル背泳ぎ決勝で8位入賞。

この快挙について石原さんは
「おめでとうございます」と3度くりかえして祝福。
さらに
「私たちも芝居で金メダルを取りたいです!」と
笑顔で意気込みを語ったとか。

石原さんの“金メダル”に匹敵する作品となりそうな
舞台「幕末純情伝」は同所にて8月13日〜27日まで。
その後は全国4か所にて上演されるとのことで、
この夏まだまだ注目を浴びそうです。


○関連記事○
石原さとみ つか氏の思惑通り淫乱顔(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080813-00000048-spn-ent

○過去の関連記事○
石原さとみがあわや火あぶり「お前ら殺す気か〜!」
http://newsdemiu.seesaa.net/article/87360388.html




石原さとみのお宝情報☆



☆さとみ’s BOOK☆



【石原さとみ おもわずグッとくるセーラー服姿の動画☆】
http://jp.youtube.com/watch?v=2kav8iFXRW8



ブログTOPに戻る☆



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


posted by MIU at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ動画アリのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。